ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

住宅支援関係補助金

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新
  • 上山市では、定住促進、経済対策、子育て支援を図るため次の補助制度がございます。ご活用ください。

住宅リフォーム等支援事業補助金

現在上山市にお住まいで市内に住所がある方や新たに上山市に住所を移し居住される方で市内業者の施工で居住部分をリフォームする方に費用の一部を補助するものです。

平成30年4月2日から受付を開始します。ご相談等ありましたら問い合わせください。

持家住宅建設等補助金

現在上山市にお住まいで市内に住所がある方や新たに上山市に住所を移し居住される方で、居住するために住宅を取得又は建設する方に対し費用の一部を補助するものです。

平成30年4月2日から受付を開始します。ご相談等ありましたら問い合わせください。

危険空家解体事業補助金

上山市内に存する老朽化し危険で現に使用されていない建築物を保有し解体しようとしている方に、解体工事費の一部を補助します。お問い合わせいただく際は、登記簿謄本(全部事項証明)、固定資産税課税明細書があると具体的なアドバイスができますので、ご協力願います。

  ・ 説明資料 [Wordファイル/35KB]

  ・ 様式(申請書等)

    事前調査申込書 [Wordファイル/35KB]

    交付申請書 [Wordファイル/12KB]

    実績報告書 [Wordファイル/14KB]

    補助金交付請求書 [Wordファイル/35KB]

空家等家財類処分費補助金

空き家の活用を促進するため、上山市空き家バンクに登録する物件に係る家財道具等の処分、清掃等を行う方に対し、処分費等の1/2(上限5万円)を補助する制度となっております。

また、登録予定物件の家財道具処理等にも補助が可能となっておりますので、その際は下記様式の様式第2号の証明書を申請書と一緒にご提出ください。

様式(申請書等) [Wordファイル/22KB]

空き家改修設計補助金

空き家バンクに登録された物件を購入される方に対して、空き家の改修に係る設計費用の一部を補助する制度となっており、設計費用の1/2(上限30万円)を補助いたします。

様式(申請書等) [Wordファイル/22KB]

木造住宅耐震診断士派遣事業補助金

内容

昭和56年5月以前に着工された2階建て以下の木造住宅の耐震診断を行う方に対し、耐震診断士を派遣します。また、診断費の90%を市が負担しますので、個人でご負担いただくのは10%のみとなります。

募集件数

5件 ※募集件数を超える場合は先着順により決定します。

該当建築物

次のすべてに該当してください。

(1) 昭和56年5月31日以前に着工されたもの。

(2) 木造(在来軸組工法)の平屋建又は2階建住宅。

(3) 対象建築物が過去に耐震診断を受けていない。

申請関係様式

※次の書類の提出も必要となります。

  • 住宅の案内図
  • 住宅の平面図
  • 建築年度が分かる書類の次のいずれか(確認済証、検査済証、登記事項証明書等)

事前申請書による審査がとおりましたら、本申請書及びその他必要書類を提出していただくことになります。詳細については都市計画係までお問い合わせください。

 

耐震改修工事(地震あんしん補助)

耐震診断を受けることが前提となります。診断結果をふまえた耐震設計により耐震指数0.7以上になる工事を行う場合、工事総額の25%上限40万円を補助します。

詳細については都市計画係までお問い合わせください。