ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 税務課 > スマホアプリを利用した納税・納付について

スマホアプリを利用した納税・納付について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月1日更新

スマートフォンやタブレットで納税・納付

平成30年5月からスマートフォンアプリを利用して、市税や公共料金を納付(入)できるようになりました。
金融機関やコンビニに出向かなくても、いつでも、どこでも納付(入)できます。

対象となるもの

次のうちコンビニ収納用バーコードが印刷された納付(入)書

(1) 市県民税(普通徴収)
(2) 固定資産税・都市計画税
(3) 国民健康保険税(普通徴収)
(4) 介護保険料(普通徴収)
(5) 後期高齢者医療保険料(普通徴収)
(6) 利用者負担額(保育料)
(7) 児童センター等使用料
(8) 延長保育利用料
(9) 水道料金・下水道使用料
(10) 開閉栓手数料(水道)

スマホ納付ができない納付書

  • コンビニ収納用バーコードの印刷がないもの
  • 金額が30万円を超えるもの
  • 取扱期限切れのもの
  • 破損や汚損などでバーコードが読み取れないもの
  • 金額を訂正したもの

  ※上記の場合は、これまでと同様に取扱金融機関などで納付(入)してください。

Pay B (ペイビー)

 https://payb.jp/

PayPay (ペイペイ)

 http://paypay.ne.jp

利用手順

(1) スマートフォンやタブレットで、口座を開設している金融機関のPaybアプリ、または、PayPayアプリを取得します。
(2) 氏名、生年月日、銀行の口座情報などを登録します。
(3) 納付(入)書に印刷されたコンビニ収納用バーコードを、スマートフォンやタブレットで読み取り、暗証番号を入力します。
(4) 登録した口座などから税金や公共料金が支払われます。

注意点

  • アプリの利用料は無料ですが、通信料は別途利用者負担になります。
  • 登録された金融機関口座の資金が不足している場合、納付(入)ができません。
  • 領収証書の発行は行いません。領収証書が必要な場合は、納付書の裏面に記載のある金融機関窓口やコンビニエンスストアで納付(入)してください。

スマホ納付に関するお問合せ先

(1)~(5) 税務課(023-672-1111 内線138)
(6)~(8) 福祉事務所(023-672-1111 内線143)
(9)~(10) 上下水道課(023-672-1111 内線173)