ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 消防本部 > 暖房器具の取扱いについて

暖房器具の取扱いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月13日更新

暖房器具の取扱いにご注意!!

 寒い時期を迎え、みなさまのご家庭でも暖房器具を使用する機会が多くなると思います。しかし、この暖房器具の誤った取扱いが『思わぬ事故』につながることがあります。

 取扱いには十分注意しましょう!

こんな暖房器具の使い方は絶対にダメ!!

  • ストーブの上に洗濯物を干したり、壁際やカーテンの近くでストーブを使用していませんか?

 洗濯物や壁に貼られているポスター等が落下したり、風にあおられたカーテンがストーブと接触したりすることにより火災になるおそれがあります。

  • 火を消してから給油していますか? 

 給油タンクキャップの締め方が不十分な場合、灯油が漏れて火災になるおそれがあります。

  • 近くにスプレー缶等を置いていませんか?

 暖房器具の上や近くに放置していると、放射熱や熱伝導で過熱され、缶の内圧が上昇して破裂し、爆発するおそれあります。

  • 寝るときや外出するときは必ず火を消していますか?

 布団等が接触して火災となるおそれがあります。

 

   暖房器具による事故を防止するために、取扱説明書等をよく読み正しく使用しましょう!!