ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 健康推進課 > 異なった種類の予防接種を受ける場合の接種間隔について

異なった種類の予防接種を受ける場合の接種間隔について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月1日更新

異なる種類の予防接種を受ける場合の接種間隔について

令和2年10月1日より、異なる予防接種を受ける際の接種間隔の制限が一部撤廃されます。
今後は下の図のとおり、注射の生ワクチン間のみ接種してから27日以上あけることとし、その他のワクチンについては制限がなくなりました。


ただし、今回の変更はあくまでも異なるワクチン間の接種間隔についてですので、

同じ種類のワクチンを複数回接種する場合の接種間隔は従来どおりとなりますので、ご注意ください。

接種間隔