ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 健康推進課 > 日本脳炎ワクチンの供給不足について

日本脳炎ワクチンの供給不足について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月1日更新

日本脳炎ワクチンの供給不足について

この度、一般財団法人阪大微生物病研究会が製造販売する日本脳炎ワクチンについて、製造を一時停止したため、今後日本脳炎ワクチンの供給が需要を下回る見込みであることがわかりました。

日本脳炎ワクチンの定期接種に係る対応について

 当面の間、日本脳炎ワクチンの供給量が大幅に減少し、出荷量の調整が行われる見込みのため、国の指導により、次の対応を行います。

●供給が安定するまでの間、1期の2回接種(1回目及び2回目)の接種を優先します。ただし、定期接種として接種が受けられる年齢の上限※が近づいている場合には、定期接種で受けられる年齢が過ぎないように、令和3年度内に接種を行うこととします。

※1期(1~3回目接種)は7歳6か月未満まで、2期(4回目接種)は13歳未満。
このほか、特例措置として平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの者は、13歳未満の間に、定期接種として1期の接種が可能。また、平成13年4月2日から平成19年4月1日生まれで、20歳未満の者については、4回の接種が終了していない場合には、定期接種として1期及び2期の接種が可能。

日本脳炎ワクチン接種対象者へのお願い

対象年齢接種回数接種について
3歳の方1期1回目・2回目通常通りの接種
4歳の方1期追加(3回目)ワクチン供給再開後(令和4年度頃)まで延期をご検討ください
9歳の方(小学4年生)2期(4回目)ワクチン供給再開後(令和4年度頃)まで延期をご検討ください※
令和3年度中に18歳になる方4回接種のうち未接種分通常通りの接種

※小学校4年生の保護者への日本脳炎のお知らせは、今年度は配布せず、来年度(5年生のとき)に配布します。