ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 健康推進課 > 麻しん(はしか)の流行について

麻しん(はしか)の流行について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月27日更新

麻しん(はしか)の流行について

 沖縄県で麻しん(はしか)が流行しており、愛知県にも感染拡大がみられています。
 大型連休に海外や流行地などへ行くことを予定されている方は、感染に注意しましょう。

海外や流行地などへ旅行を予定されている方

次の項目にご注意ください。

(1) 麻しん(はしか)のり患歴やワクチン接種歴を確認する。
(2) り患歴がない、またはワクチンを2回接種していない場合は、ワクチン接種を検討する。
(3) 流行地を訪問した場合は、その後3週間程度健康観察を行う。健康観察の期間に発熱等麻しんを疑う症状が現れた場合は、必ず保健所に連絡のうえ医療機関受診について保健所の指示を受ける。

麻しん(はしか)について

 麻しんは、麻しんウイルスによって引き起こされる全身感染症です。
 感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、ヒトからヒトへ感染が伝播し、その感染力は非常に強いと言われています。
 感染すると約10日後に発熱や咳、鼻水といった症状が現れます。その後、高熱とともに発疹が出現します。肺炎や脳炎を併発するなど重症化する場合もあります。

 詳しくはホームページをご覧ください。