ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

子どもの予防接種

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月1日更新

 感染力が強く、発症すると重い症状があらわれたり、後遺症を残す可能性が高い病気から守るために予防接種を受けることは重要です。また、一人一人が確実に受けることにより感染症の流行を防ぐことが出来ます。

定期予防接種一覧

予防接種名接種対象年齢標準的な接種年齢接種回数
B型肝炎1歳未満生後2か月以上9か月未満

3回

ヒブ生後2か月以上5歳未満初回生後2か月以上7か月未満

3回※

追加初回接種(3回)終了後、7か月以上13か月未満1回
小児用肺炎球菌生後2か月以上5歳未満初回生後2か月以上7か月未満3回※
追加

1歳以上1歳3か月未満

(ただし、1歳以降で、初回接種(3回)終了後60日以上の間隔をあける)

1回
四種混合生後3か月以上7歳6か月未満初回生後3か月以上1歳未満3回
追加初回接種(3回)終了後、12か月以上18か月未満1回
BCG1歳未満生後5か月以上8か月未満1回
麻しん・風しん1歳以上2歳未満1期1歳になったら早期に1回
小学校就学前の1年間2期年長児1回
水痘1歳以上3歳未満1回目1歳以上1歳3か月未満1回
2回目1回目終了後、6か月以上12か月未満1回
日本脳炎3歳以上7歳6か月未満

1期初回

3歳2回
1期追加4歳(1期初回接種終了後、おおむね1年後)1回
9歳以上13歳未満2期9歳(小学4年生)1回
二種混合11歳以上13歳未満2期11歳(小学6年生)1回
子宮頸がん小学校6年生以上高校1年生相当の女子中学1年生時3回

※「ヒブ」と「小児用肺炎球菌」の予防接種について、生後7か月以降に接種を開始する場合は接種回数が異なりますので、主治医にご相談ください。

実施医療機関

 上山市が実施している予防接種は、「予防接種法」によって定められた定期の予防接種です。すべて、「医療機関での個別接種」となります。かかりつけの医師と相談しながら接種をすすめてください。市内で接種できる医療機関は下記のとおりです。必ず「予約」をしてから行ってください。

上山市内の医療機関

平成31年度 上山市内の予防接種委託医療機関   ○印が接種可能

医療機関名電話ヒブ小児用肺炎球菌B型肝炎四種混合三種混合不活化ポリオBCG麻しん風しん麻しん単独風しん単独水痘日本脳炎DT子宮頸がん
青山医院672-7777 
金沢医院672-3230          
上山ファミリークリニック673-1680
軽井沢クリニック674-7300
須田整形外科医院672-7785
新田クリニック672-8001      
原田医院672-1028
みゆき会病院672-8282
吉井内科胃腸科クリニック673-7515 
山形県立こども医療療育センター
(通院者に限る)
673-3366

市外の医療機関

  • 乳幼児の予防接種を市外で受ける場合は、「乳幼児の広域予防接種」の契約に入っている医療機関です。ご希望する医療機関で接種することができるか分からない場合は、健康推進課にお問い合わせ下さい。
  • 乳幼児の予防接種を市外で受ける場合は、「予防接種券」が必要です。「予防接種券」は、健康推進課13番窓口で交付しておりますので、母子健康手帳を持参のうえお越しください。

県外の医療機関   

里帰り出産などで県外でお子さんの定期予防接種を行った際の予防接種費用の償還払いを実施しています。

■  接種日において上山市に住民票がある方で、保護者の里帰り出産等の理由で、県外の医療機関において定期予防接種を受けたお子さんの予防接種費用について償還払いを行います。ただし、接種前に上山市へ「定期予防接種実施依頼書」の交付申請を行った場合のみ対象となります。

■予防接種費用の償還払いの金額は、医療機関で実際に支払った接種費用とします。ただし、各年度において予防接種の種類ごとに上山市が定めた接種費用額を上限とします。

■  償還払いに関する申請期限や申請方法、必要書類等に関して、詳しくは里帰り出産等で県外でお子さんの定期予防接種を受ける方へ [PDFファイル/197KBをご覧ください。

持ち物

(1)予診票       

  予診票は、出生届出時にお渡ししている「予防接種手帳」の中につづられています。家で記入してご持参ください。

(2)予防接種券(市外で受ける方のみ)
(3)母子健康手帳
(4)保険証
(5)おむつ、その他赤ちゃんにとって必要なもの

料金

(1)上山市内の医療機関で受ける場合:無料 
(2)市外の医療機関で受けるとき:一部自己負担があるものがあります。

その他

(1)体温について
体温が37度5分以上ある時は、予防接種は出来ません。
予防接種は、体調の良いときに受けてください。
(2)「予防接種手帳」について
出生届時に交付しています。
「予防接種手帳」を持っていない場合は、健康推進課(電話672-1111)にお問い合わせください。

長期療養により定期予防接種を受けることができない場合について

長期にわたり療養を必要とする病気にかかるなど、特別の事情により対象年齢のうちに定期予防接種を受けることができなかった場合、下記の要件により対象年齢を過ぎても定期予防接種として受けることができます。

対象者

上山市に住所がある方で、長期にわたり療養を必要とする病気にかかったなど、特別の事情によって対象年齢のうちに定期予防接種を受けることができなかった方
(医師の診断や接種履歴などにより総合的に判断し、上山市が認めた場合に限ります)

対象となる予防接種

4種混合、3種混合、不活化ポリオ、ジフテリア・破傷風2種混合、麻疹・風疹混合、麻しん、風しん、日本脳炎、BCG、ヒブ、小児用肺炎球菌、水痘、B型肝炎、子宮頸がん

接種期間

特別の事情がなくなった日から2年以内となります。ただし、BCGは4歳、小児用肺炎球菌は6歳、ヒブは10歳、4種混合は15歳に達するまでとなります。

手続き

予防接種を受ける前に申請が必要です。まずは健康推進課にご相談ください。