ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 健康推進課 > 風しんにご注意ください

風しんにご注意ください

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月5日更新

村山地区で風しんが発生しています

 村山地区で風しんが発生しました。山形県では平成26年以降風しんの報告がありませんでしたが、複数人のり患が確認されています。

日本国内の状況

 現在、特に、東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、及び愛知県において、風しんの届出数の増加が続いており、この地方へ行く際は注意が必要です。

風しんとは

 風しんは、風しんウイルスによって引き起こされる急性の発疹性感染症で、風しんへの免疫のない集団において、1人の風しん患者から5~7人にうつす強い感染力を有します。
 風しんウイルスの感染経路は、飛沫感染で、ヒトからヒトへ感染が伝播します。
 症状は不顕性感染(感染症状を示さない)から重篤な合併症併発まで幅広く、特に成人で発症した場合、高熱や発疹が長く続いたり、関節痛を認めるなど、小児より重症化することがあります。また、脳炎や血小板減少性紫斑病を合併するなど、入院加療を要することもあるため、決して軽視はできない疾患です。
 また、風しんに対する免疫が不十分な妊娠20週頃までの妊婦が風しんウイルスに感染すると、先天性風しん症候群の子どもが生まれてくる可能性が高くなります。

 詳しくは国立感染症研究所ホームページをご覧ください。

上山市では風しん抗体検査・予防接種費用を助成しています

 妊娠中に風しんに感染すると、心臓病、白内障、聴力障がいを持った赤ちゃんが生まれる可能性があります。
 上山市では、安心して妊娠、出産できるよう風しんの抗体検査と予防接種費用を全額助成します。
厚労省リーフ1
厚労省リーフ2