ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 子ども子育て課 > 低体重児出生届、未熟児養育医療

低体重児出生届、未熟児養育医療

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月1日更新

届出・申請手続きにはマイナンバーの確認が必要です。

1.申請手続きを行う扶養義務者の個人番号カード、または個人番号通知カードと扶養義務者本人が確認できるもの(運転免許証、パスポートなど)
2.こども(給付を受ける児)および、その児と生計を同一にする世帯員全員の個人番号カードまたは個人番号通知カード
※申請時にこども(給付を受ける児)の個人番号が通知されていない場合は、申請の際にお申し出ください。

低体重児出生届

 体重2,500g未満の赤ちゃんが生まれたら、母子保健法により低体重児出生届の提出が必要です。出生後、速やかに届出をお願いいたします。
 低体重児出生届出内容等により、保健師や助産師が乳児の健康確認や子育ての悩みなど、訪問指導を行います。

未熟児養育医療給付

未熟児養育医療とは

 出生時の体重が2,000g以下等で、指定養育医療機関での入院養育を必要とする満1歳までの乳児に対して、入院医療費(保険適用外除く)を市が負担する制度です。
 この制度では、世帯の所得税額等に応じて自己負担がありますが、子育て支援医療により充当できますので、病院での医療費負担はなく、後日、保険適用外の入院時食事療養費等を市に納めていただきます。
 指定養育医療機関の医師が、症状等を判断しますので、医師に相談のうえ、該当する場合は手続きをしてください。

申請手続き

 入院月の月末までに、下記書類等を市役所健康推進課に提出してください。審査結果のうえ、承認されますと養育医療券を発行しますので、指定養育医療機関に提示してください。
(持参いただくもの)
(1)養育医療給付申請書
(2)養育医療意見書(指定養育医療機関より)
(3)世帯調書
(4)健康保険証、印鑑

山形県内の指定養育医療機関

山形大学医学部附属病院 県立中央病院 山形市立病院済生館 済生会山形済生病院
篠田総合病院 県立河北病院 北村山公立病院 県立新庄病院
公立置賜総合病院 米沢市立病院 日本海総合病院 鶴岡市立荘内病院
鶴岡協立病院 産婦人科・小児科三井病院(鶴岡市)