ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 子ども子育て課 > 子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親以外の世帯分)

子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親以外の世帯分)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月2日更新

子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親以外の世帯分)

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯(ひとり親以外の世帯分)に対しその実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)を支給します。
【注意】
子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)対象の方で、既に支給を受けている児童の分は対象外です。

支給対象者

1・2の両方に当てはまる方
 
1 令和3年3月31日時点で(※1)18歳未満の児童(障がい児の場合、20歳未満(※2))を養育する父母等
  ※1 令和4年2月28日までに生まれた新生児等も対象
  ※2 特別児童扶養手当の認定を受けている障がい児が対象
 
2  下記(1)又は(2)に該当する方
  (1)令和3年度分の住民税均等割が非課税の方
  (2)家計急変者
    新型コロナウイルス感染症の影響を受けて令和3年1月以降の収入が急変し、住民税均等割非課税相当 の収入となった方  

●「家計急変者」の該当基準 
  申請者と配偶者の年収見込額を比較し、高い方の見込額が住民税均等割非課税(相当)水準以下であること

●「収入(所得)」の判定方法
  令和3年1月以降の任意の1か月の収入から年収換算(×12月)により経済状態を推定します。    
■住民税均等割の非課税(相当)限度額  早見表

世帯

人数

家族構成例非課税限度額
所得額ベース
非課税限度額
収入額ベース
   2夫(婦)+子1人       828千円        1,378千円
   3夫婦+子1人      1,108千円       1,680千円
   4夫婦+子2人      1,388千円        2,097千円
   5夫婦+子3人      1,668千円        2,497千円
   6夫婦+子4人      1,948千円        2,897千円
   7夫婦+子5人      2,228千円        3,297千円
   8夫婦+子6人      2,508千円        3,685千円
   9夫婦+子7人      2,788千円        4,035千円
【注意】
「世帯人数」は、同一生計配偶者および扶養家族(16歳未満の者を含む)の合計人数です。

住民税非課税の方が主な対象となります。申告がお済みでない方(収入がなかったが申告をしていない方を含む)は速やかに住民税の申告をしてください。住民税の申告がされていない場合、住民税未申告として取扱い、本給付金を速やかに支給できない可能性があります。

支給額

児童一人当たり一律5万円

給付金の支給手続き

給付金を受けるには、以下の2つの場合がありますのでご確認ください。
 1 申請手続きが不要な場合
 2 申請手続きが必要な場合

1 申請手続きが不要な場合

(1)令和3年4月分の児童手当受給者(上山市から支払う方)又は特別児童扶養手当の受給者で、令和3年度の住民税均等割が非課税の方

(2)令和3年5月から令和4年3月までのいずれかの月分の児童手当又は特別児童扶養手当に係る受給資格の認定(国内転入によるもの等を除く)または額の改定の認定を受けた方(4月以降の出生を含む)で、令和3年度の住民税均等割が非課税の方

 ※対象となる方には別途通知文を送付しています。
 
 ※給付金の受給を希望しない場合は、「受給拒否の届出書」を提出してください。
   
 ※児童手当、特別児童扶養手当を支給している口座に振り込みます。変更等必要な方は「支給口座登録等の届出書」を提出してください。
  
 

2 申請手続きが必要な場合

1 公務員の方で、令和3年4月分の児童手当受給者で令和3年度の住民税均等割が非課税の方
2 令和3年3月31日において、平成15年4月2日から平成18年4月1日までの間に出生した児童のみ(高校生のみ)を養育する方で令和3年度の住民税均等割が非課税の方
3 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて令和3年1月以降に家計が急変し、令和3年度住民税均等割非課税相当の収入となった方
 
 ※判断がつかない場合やご不明な点がありましたら担当までお問い合わせください。

申請手続等

 支給要件や概要、収入要件等については、本ページをご確認ください。また、判断がつかない場合やご不明な点がありましたら担当までお問い合わせください。

[申請受付期間]
  令和3年7月9日(金曜日)~令和4年2月28日(月曜日)

[申請書提出方法]
  上山市子ども子育て課 子育て支援係(上山市役所1階11番窓口)に連絡のうえ持参
  
[申請書入手方法]
  申請が必要な方は、下記から関係書類をダウンロードして使用してください。上山市役所子ども子育て課でも申請書の受取が可能です。

関係書類

1 申請が必要な方の1・2(令和3年度の住民税均等割非課税の方)

○子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)申請書(請求書)

○申請・請求者本人確認書類※の写し(コピー)
 ※運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード、年金手帳、介護保険証、パスポート等

○申請・請求者の世帯の状況、児童との関係性を確認できる書類の写し(コピー)※必要な方のみ

○受取口座を確認できる書類の写し(コピー)

○印鑑

2 申請が必要な方の3(新型コロナウイルス感染症の影響を受けて令和3年1月以降に家計が急変し、令和3年度住民税均等割非課税相当の収入となった方)

○子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)申請書(請求書)

○申請・請求者本人確認書類の写し(コピー)
 ※運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード、年金手帳、介護保険証、パスポート等

○申請・請求者の世帯の状況、児童との関係性を確認できる書類の写し(コピー)※必要な方のみ

○受取口座を確認できる書類の写し(コピー)

○簡易な所得見込額の申立書【家計急変者】又は、簡易な収入見込額の申立書【家計急変者】
※給与収入がある場合 給与明細書などの収入額が分かる書類
※事業収入又は不動産収入がある場合 帳簿などの収入額が分かる書類
※公的年金収入(非課税除く)がある場合 年金決定通知書、年金額改定通知書、年金振込通知書などの支給額がわかる書類

”振り込め詐欺”や”個人情報の詐取”にご注意ください

ご自宅や職場などに都道府県・市町村や厚生労働省(の職員)をかたった不審な電話や郵便があった場合は、お住いの市町村や最寄りの警察署(または警察相談専用電話(#9110))に御連絡ください。

その他お問い合わせ先

厚生労働省「子育て世帯生活支援特別給付金」コールセンター
電話:0120-811-166 (受付時間 平日9時~18時)