ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

公的補償金免除繰上償還

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月7日更新

補償金免除繰上償還の係る財政健全化計画

「公的資金補償金免除繰上償還」を実施しました

平成19年度から平成21年度までの3年間にわたり、過去に借り入れた、利率が5%以上の公的資金の繰上償還(返済の前倒し)を実施しました。

通常は、予定された償還(返済)計画を早めて繰上償還を行うと補償金(違約金)が発生しますが、この度の「公的資金補償金免除繰上償還」は、「財政健全化計画」等を策定し、国の承認を受けることにより、繰上償還を行う際の補償金の支払いが免除されるというものです。この取扱いにより、公的資金の繰上償還や低利の資金等への借換えを実施しやすくなり、将来にわたる負担の軽減がなされることになります。

繰上償還等を実施した地方公共団体は、補償金支払いの免除を受けると同時に、行財政改革の取り組みを更に推進するように求められています。
また、地域経済の低迷等の理由から、この措置が3年間延長され平成22年度から平成24年度においても実施されることになりました。

※公的資金とは、旧資金運用部資金、旧簡易生命保険資金、旧公営企業金融公庫資金等の公的位置づけの資金を地方債として借り入れたもののことです。 

公的資金補償金免除繰上償還に係る財政健全化計画等について

上山市では、平成19年度から平成23年度までの5年間を計画期間とする「財政健全化計画」及び「公営企業経営健全化計画」を策定し、職員数や行政経費の縮減、市税などの収入の確保、使用料の適正化などの行財政改革を進め、財政の健全化を推進しています。

また、公共下水道事業については平成22年度、農業集落排水事業については平成23年度に延長計画の承認を受け引き続き繰上げ償還を行うこととしました。

平成19年度承認分

平成22年度承認分

平成23年度承認分

「財政健全化計画」及び「公営企業経営健全化計画」の執行状況について