ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 財政課 > 歳入歳出の決算状況 平成26年度歳入決算状況

歳入歳出の決算状況 平成26年度歳入決算状況

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月9日更新
表1 歳入歳出の決算状況(普通会計)  歳入(単位:千円、%)
区分平成26年度
決算額構成比増減額増減率
地方税3,544,89823.4▲9,671▲0.3
地方譲与税121,2380.8▲5,326▲4.2
各種交付金401,1412.747,34113.4
地方特例交付金11,9720.1▲863▲6.7
地方交付税4,029,27826.534,3250.9
使用料・手数料303,5362.0▲3,388▲1.1
国庫支出金2,014,90013.384,2714.4
県支出金1,084,2457.1▲67,316▲5.8
繰入金621,6464.1478,797335.2
繰越金293,2561.9▲78,329▲21.1
市債1,782,90011.7406,60029.5
その他977,1416.4▲122,082▲11.1
歳入合計15,186,151100.0764,3595.3
うち一般財源8,108,52753.465,8060.8

用語の解説

  • 地方譲与税…国税として納められた税金の一部から市町村に交付されるお金です。
  • 地方特例交付金…国の政策に伴い必要となる地方の財源を補てんするお金です。
  • 地方交付税…税収入は市町村によって異なりますが、教育や福祉等の標準的なサービスを全国の市町村
             で提供できるように、国税の中から市町村の財政状況に応じて国から交付されるお金です。
  • 国庫支出金・県支出金…教育や農林などの特定事業に対して国や県から交付されるお金です。
  • 繰入金…財政調整基金などから繰り入れたお金です。
  • 市債…多額の費用を必要とする建設事業を行う際に、その財源の一部として銀行などから借り入れるお金です。