ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

No,4 Do you know this person

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月18日更新

あの人知ってますか?

あの人知ってますか。(1)

「ポーランド!ショパンの国ですね!」とよく聞きます。やっぱり、ショパンがポーランド人の中では日本で最も知られている人物だそうですね。「ショパン以外の有名なポーランド人は誰ですか」と尋ねられることが多いですが、だれでしょう!
今日は有名ポーランド人つまりポーランドのVIP世界へようこそ!PART1は:有名な学者達。下記の5名の並びはランキングではありません!その中で皆さんもご存じのポーランド人がきっといると思います!

1. ニコラウス・コペルニクス(1473 -1543)
トルンという町の出身で才能に優れた天文学者でした。当時主流だった地球中心説を覆し、太陽中心説唱えた天文学史上最も重要な発見した人物です。1543年に出版された『天体の回転について』は地動説をもとに実際に星の軌道計算を行ったコペルニクスの名作です。ポーランドでは『太陽を止めて、地球を回転させたコペルニクス氏』と言われています。

2.イグナツィ・ウカシェヴィチ(1822-1882)
ポーランド人の石油産業の先駆者であり薬剤師でした1853年にヨーロッパ最初の近代街灯の導入し、世界最初の近代油井の建設を行いました。1856年には世界最初の石油精製所も建設し、社会事業家としても域の経済的な発展のため頑張って、『ポーランドのシーク』とたまに呼ばれています。

3. マリ・スクウォドフスカ=キュリー(1867-1934)
日本ではキュリー夫人としておなじみ。物理化学者と放射線の研究を中心にした科学者で1903年ノーベル物理学賞、1911年ノーベル科学賞を受賞しました。ノーベル賞を初めて受賞した女性というだけではなく、生涯に2回ノーベル賞を受賞した歴史上最古の人物です。有名なパリ大学初の女性教授職に就任し、20世紀最も影響を与えた女性の一人と言っても過言ではありません。

4.ルドヴィック・ヒルシュフェルト(1884-1954)
ワルシャワ生まれのヒルシュフェルト氏は微生物学者および血清学者でした。彼は、A・B・Oという名前を血液型に付け、血液型の遺伝の共同発見者と考えられています。初めて発表された血液型性格分類(血液型によって人の性格分類したものを指す結論)日本ではヒルシュフエルト氏がもっと広く知っているべき者ではないでしょうか。

5.アレクサンデル・ヴォルシュチャン (1946-)
現在の天文科学者で最初の太陽系外惑星の発見者の一人で、ポーランドでよくコペルニクスの再来と呼ばれています。1982年にアメリカに渡り、プリンストン大学などで研究した後でペンシルベニア州立大学の天文学教授として活躍しています。「ASTRONOMY」と言うアメリカの天文学専門雑誌によるとヴォルシュチャン氏はガリレオやコペルニクスとともに天文学史上最も大事な発見者の25人の一人です。
ポーランド人の学者