ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > スポーツ振興課(教育委員会) > No,3 The Heart of Europeのポーランド

No,3 The Heart of Europeのポーランド

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月29日更新

The Heart of Europeのポーランド

日本に来てから二か月以上経ちました。研修したり、色々なイベントに参加したり、上山市の周辺や山形県以内観光したりしてとても忙しかったです!仕事にはもう大分慣れました。その二か月間の間に様々な方々とお会い数えられないほど自己紹介をしました!いつもちゃんと日本人らしくお辞儀もしました。
ポーランドから来ました!というと「ポーランド!遠いですね!あ!ショパンの国ですね。寒い国ですね!」とよく聞きます。やっぱり!そんなイメージですね。間違ってはいないのですが、ポーランドはそれだけではありません!せっかくポーランドのホストタウン上山市に来ましたので、どんどんポーランドを紹介していきたいと思います。

では、ポーランドってどんな国ですか。
ポーランドは中央ヨーロッパにあり、ヨーロッパ内の国土で9番目、日本の5分の4の国土をもち16の県に分かれている国です。ポーランドは冬が寒くて、南部の山岳地帯では河川が凍結するほど寒い気候となります。しかし夏は温帯気候で結構暑くなります。ですが、日本と違ってポーランドは湿度がそんなに高くないので、蒸し暑くはありません。一番過ごしやすい季節は春と秋です。日本と同じですね。
首都はワルシャワです。16世紀末に首都になって以来、美しい貴族の邸宅が数多く残り見どころになっていますが、第二次世界大戦によって街の80%が崩壊し、その後再建されました。最近の30年の間すごく進歩して何でもあるモダンな面もあります。
観光客の中で一番人気があるのはマウォポルスカ地方にある伝統的な文化の中心古都クラクフです。世界文化遺産の旧市街を散歩しながら、数多く歴史的な建築物が眺められます。『ワルシャワ』と『クラクフ』は日本で言うと『東京』と『京都』みたいな感じです。
ポーランド南部には東側にタトラ山脈とベスキディ山脈を含むカルパティア山脈があり、西側にはスデティー山脈が広がります。その中でクラクフに近いタトラ山脈がポーランドで一番高い山で、そこにあるザコパネ・リゾートは冬にも夏にも大人気です。
ポーランド北部は全体が緩やかな丘陵地帯となっています。バルト海に面し、美しくて古い港町グダンスクは有名な観光スポットのひとつです。海岸を散歩すれば運が良ければきれいな琥珀を見つけることができます。夏には大勢のポーランド人が海岸沿いにあるソポットという町やヘル半島の白砂ビーチを訪れ、泳いだり美味しくて新鮮な魚料理を食べたりして楽しく過ごします。ワルシャワの北東部には特に湖が集中する美しい景色を有するマズレィという湖地方があります。
私の出身地ドルヌィ・シロンスク地方はポーランドの南西部、チェコとドイツの国境に接し、オドラ川を中心に発展した水の素敵なヴロツアフ市を中心とした地方です。私の実家はウロツアフから70キロメートル離れたワウブジフという町です。ステディー山脈のすぐ近くにありますので、山に囲まれて、景色が綺麗な所です。
私の大学はヴィエルコポルスカという地方の首都のポズナンでした。ヴィエルコポルスカ地方は最も歴史が長い地域でポーランドの発祥であるところと言われています。10世紀ポーランド国家を興した初期ピャスト朝の要所でした。

では、今日はこれを覚えてみましょう!
まぁ、簡単にポーランドについて要約すると下記のようになるでしょう!
 the Heart of Europe = 中央ヨーロッパの国です!
 歴史が長い国です!
 自然が豊かな国です!海・山・湖・川、つまり何でもありますよ!
 世界遺産として登録されている場所が数々あります!
 冬は寒くて夏は暑くて、日本と同じく四季がはっきりしてる国です!

皆さん心配しないでください!伝統的な料理もとても美味しいですが、それはまた別の機会にお話します!

最後にポーランドの基本情報です
国土:312,679平方㎢
人口:3842万人
首都:ワルシャワ
国語:ポーランド語
通貨:ズオティ
ワルシャワ
クラクフ
グダンスク
ヴロツアフ
ポズナン