ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 温泉健康施設特設サイト > 事業スキームについて

事業スキームについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月31日更新

PFI導入・官民連携可能性調査(事業スキームの検討)

 本調査は、温泉健康施設の効率的な施設整備と事業運営を目指し、民間の資金やノウハウを活用したPFI(※1)等官民連携の手法等、事業スキームについて、民間事業者の意向調査(マーケットサウンディング)や事業方式の違いによるコスト削減の可能性評価等の検討を行ったものです。

 報告書では、本事業は、DBO方式(※2)等を採用することが効率的・効果的であるとの結論が示されました。これを受け、議会にも報告の上、本事業のスキームは、DBO方式とすることといたしました。

(※1)PFI:Private Finance Initiative

 初期投資費用について、民間が資金調達を行い、社会資本を整備する方式。

設計、施工、維持管理・運営までを一体の業務として一括発注する事業方式。

(※2)DBO方式:Design Build Operation

 初期投資費用について、公共(市)が自ら資金調達を行い、設計、施工、維持管理・運営を一括して民間事業者に発注する事業方式。

 設計・建設は設計・建設事業者、維持管理・運営はSPC(特別目的会社)が実施。

【PFI導入・官民連携可能性調査報告書】

   報告書(概要版) [PDFファイル/833KB]

  報告書(確定版) [PDFファイル/5.51MB]

お問い合わせ先

 【 上山市健康推進課(温泉健康施設事業担当) 】

  Email:onsenkenkoupt@city.kaminoyama.yamagata.jp