ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • 文字サイズ
  • 拡大
  • 標準
  • 翻訳ボタン
  • 背景色変更
  • 白
  • 黒
  • 青
市長の部屋 > ごあいさつ

ごあいさつ

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月16日更新

上山市ホームページへようこそ

きらりと光るまちへ、さらなる飛躍

市長

市長 横戸長兵衛(よこと ちょうべえ)

この度は、当市のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

本市は、「また来たくなるまち ずっと居たいまち~クアオルトかみのやま~」を将来都市像に掲げ、人口減少に対応するための子育て環境の充実や、地域経済活性化のための交流人口の拡大など、本市の価値・魅力を高め、民間の活力を引き出す施策を展開してきました。

平成30年度にオープンした市総合子どもセンター「めんごりあ」には、すでに延べ10万人以上が来場し、予想を上回る成果が表れています。本年度からは新設した「子ども子育て課」を中心に、子育て世代向け賃貸住宅の整備、待機児童対策及び医療機関と連携した病児保育など、さらに安心して子育てできる環境を整備していきます。

また、4月に開通した東北中央自動車道により、関東や福島からの移動時間が大幅に短縮され、ヒト・モノの流れが変わり、観光、経済交流の活性化が期待されます。これを大きなチャンスと捉え、さらなる地域活力の向上に取り組まなければなりません。現在、市商工会を中心に民間事業者を主体とした様々な企画、アイデアが検討されています。行政としてもこのような民間の取組をしっかりと支え、民と官が車の両輪のように連携・協働して、地域全体の活力を高めていきます。また、かみのやま温泉インターチェンジ周辺に造成している産業団地への企業誘致を強く進め、雇用拡大に結び付けていきます。

さらに、上山型温泉クアオルト事業の拠点となる温泉健康施設の建設、かみのやま温泉駅西口の整備、空き家対策、農産物のブランド化や農業者育成など、取り組むべき施策は数多くあります。これらを着実に推し進めるためには、本市の地域資源をさらに磨き上げ、市民のみなさんと一体となってまちづくりを進めていかなければなりません。

平成から令和へと時代が変わりました。きらりと光る、市民一人ひとりが誇りを持てるオンリーワンのまちを目指し、上山も新たなスタートを切ります。今後ともご理解とご協力をよろしくお願いします。