ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
蔵王かみのやま温泉クアオルト > 【高校生が記者!?】葉山コースの魅力を発見

【高校生が記者!?】葉山コースの魅力を発見

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月22日更新

クナイプ療法を体験

6月21日、上山明新館高校の活力あふれる高校づくり推進事業の一環で生徒約40人が葉山コースを歩き、上山市内の葉山コースの魅力を見つけにクアオルト健康ウォーキングを体験しました。例年、コース内のゴミ拾いなど環境整備に取り組んでいましたが、今年は少し趣向を変えて、高校生が旅行雑誌の記者となり上山のいいところを見つけ、どこがいいのか、どうやって伝えるのか効果的か考える機会として企画しました。

上山温泉クアオルト協議会の会長であり、毎日早朝ウォーキングで案内している冨士重人さんに、葉山コースのあれこれを紹介していただきながら写真撮影し、ウォーキング。葉山地区に来たことの無い高校生がほとんどで、アジサイなどの植物に、クロモジの香り、井戸水があること、昔は薬草がたくさん取れたこと、すべての情報が驚きだった様子で、いいなと思ったシーンを余すことなく写真におさめていました。

「こんないいところがあるなんて、知らなかった」「また来たい」「温泉に入ってみたい」など感想があり、高校生のみなさんは、上山がより魅力的に感じたようでした。

医王山の歴史

上山を通学・通勤の往復だけで終わらせることなく、上山にある資源を体験できる時間・機会を作ることができるよう、今後も様々な団体と連携をしていきたいと考えております。

今回、高校生が撮った写真とコメントはホームページ等で紹介します。その際は、ぜひご覧ください。

いろんな角度から撮影
いろんな角度から撮影。完成が楽しみです。

塀を使ったストレッチ
時代屋さん前の塀を使い、ズラッとストレッチ。端から端まで人がいっぱいになった光景は圧巻です。