ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
蔵王かみのやま温泉クアオルト > 【親子でウォーキング】かんじきウォーキング&木工教室

【親子でウォーキング】かんじきウォーキング&木工教室

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月23日更新

集合写真

2月20日、クアオルト健康ウォーキングの体験と、冬の蔵王の魅力を全身で感じようと「かんじきウォーキング&木工教室」を開催し、親子11人が顔を赤くしながら、森の中を散策しました。
これは、県のみどり環境交付金を活用した取組。
森の中には、リスやウサギの動物の足跡やフンがいたるところにあり、子どもたちは「冬の間はどこにいるの?」と興味深々。また、誰の足跡もない雪の上はフカフカしており「お布団の上を歩いているみたい!」と長靴で歩くのとは異なる雪の感触を楽しみ、雪の中に飛び込む人もいました。ヤドリギや二本の木が繋がった不思議な木など、葉っぱのない冬ならではの景色を間近で観察しました。

午後からは、役目を終えた木に新たな命を吹き込む木工細工に挑戦。くだものの木を繋ぎ合せた端材を使い、バッジやバターナイフなどを作成。「弟にあげたい」と新幹線に見立てた箸置きを作る優しい子がいる一方、子ども以上に夢中になるお父さん、お母さんの姿も。作業には電動糸鋸やヤスリなどがあり、見事に削る講師の作業の様子を目の前に、子どもたちは目を輝かせていました。
家族で同じ作業をし、時間を共有できるイベントを今後も開催を予定しています。子どもたちにとっては発見の機会に、大人のみなさんには目の前で成長する子どもたちの様子を知る機会に、そのようなイベントを今後、クアオルト推進室では企画してまいります。

原ペンションランチ

ランチ

原ペンションでランチ!ペンションのランチは初めての人がほとんど。すべてが手作りの心もからだもあったまるランチでした。

木工教室

型をとったり、やすり掛け、ヒートペンで絵を描いたり、世界に一つだけの作品に子どもも大人も大満足。髪ゴムやペンダント、箸置き、日頃から大切に使えるものへと端材が変身しました。

集合写真2