ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市報かみのやま > まちの話題「身近なエコを上山城で考えよう」

まちの話題「身近なエコを上山城で考えよう」

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月14日更新

身近なところから、エコや地球温暖化を考える「キャンドルナイトin上山城」が、12月14日、開催されました。

8回目の今回は、ハンドルを回すと電球が光る手回し発電機など体験型のグッズを用意。子どもたちにもわかりやすく、環境を考えてもらえるよう、展示方法を工夫しました。廃油を使ったろうそくの作り方や、県内各地で行われている温暖化対策も紹介されました。

この日は雪により、キャンドルの点灯は中止となりましたが、城内で行われた歌やダンス、劇などの多彩なイベントが会場を盛り上げました。上山城も緑色にライトアップされ、訪れた人は楽しみながら、環境について学んでいました。

劇
東北文教大学短期大学部の学生が上山のいいところを紹介する創作劇を披露。
足湯やかせ鳥にちなんだヒーローも登場し、会場を笑いに包んだ

oyazi合唱団
Oyazi合唱団も登場し、クリスマスソングや、振り込め詐欺や防止を呼び掛ける歌を披露

会場の外では、城門付近にキャンドルを点灯

キャンドル

上山城も、この日だけグリーンにライトアップ

上山城

楽しみながら環境を考える1日になりました。