ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市報かみのやま > まちの話題「かみのやまツール・ド・ラ・フランス体験記 第二休憩所~合流地点」

まちの話題「かみのやまツール・ド・ラ・フランス体験記 第二休憩所~合流地点」

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月6日更新

楢下宿に別れを告げると、30キロコースも最後の難所。花森湖へ向かう坂が待つ。ギアを軽くし、力を振り絞って、挑戦。息も切れ、小径車で走ったことを少し後悔。しかし、どこに行っても上山の景色は絶景。自転車で初めて上りましたが、ラ・フランス畑が黄色い絨毯のように広がり、奥には紅葉真っ只中の山々を望むことができます。

花森湖へ
登りはじめて5分程度でこの絶景

11時30分
坂を上りきると湖が登場。普段は閉鎖しており、このイベントでしか味わえないちょっと稀なコース。右手には湖、左手には絶景と、真っ直ぐに伸びる道を進むのがとっても気持ちイイです。

花森湖

 花森湖からの景色
いろとりどりの木々

花森湖

花森湖からの出口付近には、30キロ最後の休憩地点に到着。坂を上り切った後に休憩所があるのはうれしい。

第3休憩所

ほとんどの参加者が通り過ぎて行ったため、残るのはスポーツドリンクのみでしたが、「がんばってください」と応援に背中を押されラストスパートを切る。

 ここからゴールまでは下るのみ。

 途中55.5キロの参加者と合流地点。
やっぱりスポーツバイクは早い。

旧尾形家
ちなみに、55.5キロのコースでは国指定重要文化財である旧尾形家を通過

合流地点
雨のためカメラがくもってしまい、何とも幻想的な写真になった。

先へ進むと、大会名物、真っ直ぐに伸びる「スーパー農道」が登場。どこまでも続くような錯覚を覚えるほど直線で、スピードが出る。周りを山々で囲まれているイメージのある上山だが、目を向ければ、田園風景が広がる。

途中にはラ・フランス畑もあり、収穫後でしたが、雨の中の緑はよく色が映えます。

スーパー農道

スーパー農道

以上、第二休憩所から合流地点まででした。