ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市報かみのやま > まちの話題「クアオルト健康ウォーキング『珍しいシンエイザクラの下でお花見ウォーク』」

まちの話題「クアオルト健康ウォーキング『珍しいシンエイザクラの下でお花見ウォーク』」

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月28日更新

 4月28日、プラスウォーキング「珍しいシンエイザクラの下でお花見ウォーク」が三吉山コースで行われ、市内外から11人が参加しました。

緑が少しずつ青くなり始めた三吉山には、山菜が顔を出し、ふもとでは桜が見ごろを迎えていました。途中、散歩中のカモシカに出会い、自然豊かな山にようやく春の訪れが感じられました。

花花

参加者はガイドに植物の説明を受けながら、ゆっくりウォーキング。高低差のある三吉山では頂上付近はまだ肌寒く、シンエイザクラはつぼみが赤くなった状態で、花が咲くまではもう少し。

山
木々の中を抜け

山

岩海
突然、岩海が出現。三吉山にはいろんな道があります。

山頂
やっとのことで上った山からは、山形市内まで見渡すことができました。

三吉山
下山の途中で出会った親子。「こんにちわ」と気軽にコミュニケーションが取れるのもクアオルトの楽しみ。
最近では、日常的にクアオルトコースを楽しむ市民の姿も多く見られるようになりました。

三吉山
参加者は「とっても気持ちよかった」と春の心地よい風を感じながら、ウォーキングを楽しんでいました。