ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 福祉事務所 > 上山市三世代同居孫守り奨励事業

上山市三世代同居孫守り奨励事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

三世代同居で孫守りをするおじいちゃん、おばあちゃんを応援します!

 祖父、父母、孫等の三世代のきずなを深め、三世代同居を推進することにより、子育て世代の出産・育児負担の軽減や日常生活環境の安定を図ることを目的に補助金を交付します。

 対象

 市内に住所を有する祖父または祖母のうち、以下の要件を満たす人

  • 生後6か月以上満年齢1歳の孫(以下「保育対象児童」という)を父母の承諾を得て、自宅で3か月以上保育中または保育を予定している

   ※保育対象児童が保育所、認定こども園、認可外保育所等の施設を利用している場合は対象外です。

  • 保育対象児童、その父母と同居している

   ※同居とは、同じ家屋に居住し、同一世帯として住民票に登録されている状態をいいます。

  • 保育対象児童の父母が日中自宅内外で就労している

 補助額

 月額 5,000円 (3か月ごとにまとめて交付します)

 申請から補助金交付まで

保育対象児童が生後6か月以降に申請した場合、申請日からの認定になりますので、該当する人は早めに申請してください。

1. 「孫守り認定申請書」に必要な書類を添付し、市役所福祉事務所(1階窓口11)に提出してください。その後内容を確認し市が認定します。

 ※申請書は市役所福祉事務所で配布します。

2. 認定を受けた人は、孫守りを開始した日から3か月を経過した翌月10日までに実施報告書を市に提出します。

3. 市が実施報告書を審査し、補助金交付決定通知書を送付します。その後、請求書を市に提出いただき、補助金を指定口座に振り込みます。