ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 健康推進課 > ノロウィルスなどの感染性胃腸炎予防対策について

ノロウィルスなどの感染性胃腸炎予防対策について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月1日更新

感染性胃腸炎(ノロウィルスなど)感染予防について

感染性胃腸炎(ノロウィルスなど)

感染性胃腸炎は、細菌やウィルスによる下痢、嘔吐等の症状を起こす感染症です。原因となる病原体の主はノロウィルスで、他にロタウィルスなどもあります。1年を通じて発生が見られますが、主に冬場に多く流行します。
今年は過去5年での流行でもピーク時に迫る水準で、さらに変異株であることが判明。この変異株は、これまでの検査キットではわかりにくいなど、特に食品調理従事者は、健康状態確認を徹底し、体調不良者の調理従事は行わないよう留意ください。

ノロウィルスによる感染性胃腸炎

ノロウィルスは、わずか10~100個程のウィルスで感染します。感染者の嘔吐物や便の1gには1000万~1億個以上のウィルスが含まれると言われており、手指や食品などを介して感染、ヒトの腸管で増殖し、嘔吐、下痢、腹痛、軽度の発熱を起こします。
健康な方は軽症で回復しますが、子どもやお年寄りでは重症化したり、嘔吐物を詰まられせ亡くなる場合もありますので、特に注意してください。

感染予防対策

〇手洗いを十分に
こまめな手洗いは感染予防の基本です。
指先、指間、爪の間、爪の付け根なども念入りに手全体から手首まで石鹸で洗い、水で流した後は清潔なタオル等でふき取りましょう。
アルコール消毒液は、事前に洗ってから使用しないと意味がありません。

〇加熱殺菌(目安:85℃以上で90秒以上)
加熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱。
特に、加熱表示のカキなど二枚貝はしっかり加熱してください。食器や調理器具、流しなども熱湯での殺菌が有効です。

〇消毒
多くの人が触れるドアノブ、蛇口、トイレのレバーなどは高濃度の塩素で消毒してください。
消毒方法は下段「消毒の方法」をご覧ください。