ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 税務課 > 個人市県民税の申告のお知らせ

個人市県民税の申告のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月6日更新
H29市県民税申告相談の会場 

個人市県民税の申告相談について

 1月1日現在、上山市に住所または居所を有し、前年中に所得がある方は、金額などの状況を申告書に記入し提出しなければなりません。
 税の申告は市県民税だけでなく、国民健康保険税や介護保険料等の算定基礎となります。
申告する必要があるものの、提出されない場合、
 ◆国民健康保険の軽減措置が受けられない
 ◆介護保険料が高い段階になる
 ◆所得証明が発行できない など
各種行政サービスを受ける際に不利益が生じることがあります。期限内に申告をお願いします。

H29市県民税申告の流れ 

【※1】市県民税の申告書は税務課窓口、申告相談会場に設置します。またご連絡いただければ郵送します。
【※2】損失や譲渡など複雑な申告を要する方、また住宅借入金などの控除の適用初年度の方は税務署での申告(会場:山形テルサ)をお願いします。
【※3】障がい年金、遺族年金、失業保険等の非課税所得のみの方は、無収入の申告をしてください。
【※4】所得税の計算ができない方は、市県民税の申告相談においでください。
【※5】年末調整済みの給与所得者で、給与以外の所得が20万円以下の方は確定申告は不要です。ただし、市県民税では所得の多少にかかわらず申告が必要です。
【※6】医療費控除を受ける方は、事前に記入した「医療費の明細書」と領収書を持参のうえ、申告相談においでください。
   ≫「医療費の明細書」 記入様式はこちら [PDFファイル/1.17MB]
※ふるさと納税のワンストップ特例の申請をされた方が、確定申告・市県民税申告を行うと特例の申請が無効となります。申告の際は、寄付金控除を併せて行ってください。

申告予定者数を考慮して地区ごとの相談日を設定しています。設定した相談日に申告相談できない方は、期間内のどの日でも受付しますが、できるだけ地区ごとの相談にご協力ください。

申告受付期間

平成29年2月8日(水曜日)~3月15日(水曜日) (2月24日・2月27日、および2月19日以外の土日祝日を除く)

※各地区の相談日は下記をご覧ください。

受付時間・相談時間

受付時間午前8時45分~午前11時30分 /午後1時~午後3時30分相談時間午前9時~正午 /午後1時~午後4時

開館時間前には施設に入れませんので受付時間をお守りください。

申告会場

 三友エンジニア体育文化センター(上山市体育文化センター) 軽スポーツルーム3

 ※会場が例年と異なりますのでご注意願います。

各地区の相談日程

H29市県民税申告相談日程 

●印鑑
●給与、年金の源泉徴収票(扶養する家族を含む)
●所得控除の対象になるもの
 社会保険・国民健康保険・国民年金・生命保険・地震(旧損害)保険・医療費等の領収書または支払証明書や障がい者手帳等
●収支内訳書(営業、農業、不動産所得がある人)
●収入、支出を明らかにする帳簿、領収書等
●還付口座がわかるもの(預金通帳等)
●マイナンバー関係資料((1)、(2)のいずれか) 
 
 (1)マイナンバーカード(両面コピー)
  (2)マイナンバー通知カード(コピー)
    +顔写真入身分証明書(両面コピー)
  
   ※不明な点は税務課にお問合せください。

上山市で確定申告される方

税務署から「確定申告案内」のハガキが送付される場合があります。申告の際はそのハガキを持参してください。
収支内訳書が必要な方は1月下旬より税務課窓口に準備しますので事前に記載して会場にお持ください。なお国税庁のHPからもダウンロードできます。

※確定申告についての詳細は国税庁ホームページを御覧下さい。
国税庁ホームページ (外部リンク)