ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

個人情報保護制度の概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年1月1日更新

個人情報を適正に取り扱います

 年々、高度情報通信社会はめざましく進展しており、個人情報を利用した様々なサービスが提供されることによって、私たちの生活は大変便利になってきています。しかし、その反面、個人情報の不適正な取扱いによって漏えいや改ざんが行われた場合には、個人の権利利益に大きな被害を与えてしまうおそれがあります。このため、個人情報を保護する制度が始まりました。

※ 「個人情報」とは氏名・住所・性別・生年月日・家族構成・職業・学歴等個人に関する一切の情報です。

上山市の個人情報保護制度

 上山市では平成14年4月1日から個人情報保護制度がスタートし、市が保有する個人情報の適正な取扱いについてのルールが定められました。市民の皆さんには、自分の個人情報を見たり、間違っている場合は正しくしたり、目的外の利用をしている場合は取扱いを停止したりする権利が保障されました。

※ 上山市の個人情報保護制度を規定した上山市個人情報保護条例(平成13年条例第22号。以下「条例」といいます。)は、国の個人情報保護制度の整備や社会情勢の変化をふまえて改正されております。民間部門の個人情報保護について規定した「個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)」は、平成17年4月1日から全面施行されています。

上山市の個人情報保護の取組み

個人情報の取り扱い状況を確認できるようにします。 (条例第5条、12条)

  • 市が取り扱う個人情報取扱事務の登録簿を作成し、その目的や内容を明らかにします。
  • 市が取り扱う個人情報取扱事務を外部に委託するなどした場合も登録簿を作成し、その目的や内容を明らかにします。
  • 市が取り扱う個人情報取扱事務の登録簿を市役所2階の情報公開窓口に設置し、どなたでもご覧いただけるようにします。

市の事務をする上で必要最小限の個人情報だけ収集します。 (条例第6条)

  • 個人情報を取り扱う事務の目的を明確にし、目的を達成するために必要な範囲内で適法かつ公正な手段で収集します。
  • 個人情報は、原則として本人から収集します。
  • 思想、支持政党、宗教などの個人情報の収集は原則禁止とします。

収集した目的をこえた利用や外部への提供は原則として行いません。 (条例第7条、第8条)

  • 事務の目的をこえて個人情報を利用したり、提供したりすることはありません。ただし、個人の生命、身体、財産などの保護のため、緊急かつやむを得ないときなどは、必要な限度での目的外の利用や提供を行う場合があります。
  • 電子計算機の結合による個人情報の外部提供は原則として行いません。

個人情報を適正に管理します。 (条例第9条)

  • 個人情報の漏えい、滅失、き損などの防止のため必要な措置を講じます。
  • 個人情報を正確かつ最新なものに保ちます。
  • 必要がなくなった個人情報は、原則としてすぐに消去します。

職務上知り得た個人情報は適正に取り扱います。 (条例第10条)

  • 職員等は、職務上知り得た個人情報を正当な理由なく他人に知らせたり、不当な目的に利用したりしません。

個人情報取扱事務を外部に委託する場合などは、委託先の企業などに個人情報の適正な取り扱いの義務を課します。(条例第11条、第11条の2)

職員などに罰則が科せられます。 (条例第36条~40条)

  • 市の職員や市の業務を委託された企業の従業員などが電算処理された市の保有する個人情報や業務に関して知り得た個人情報を不正な目的で提供、盗用した場合には、2年以下の懲役や100万円以下の罰金に処するなどの罰則が定められています。

上山市個人情報保護運営審議会 (条例第29条)

  • 市の付属機関として、学識者、弁護士など8人以内の委員で組織する上山市個人情報保護運営審議会を設置し、市の機関による個人情報の取扱いについて審議などを行います。

 あなたの情報はあなたのもの  (条例第13条、第17条~第19条)

個人情報保護の流れの図

 

  • 来庁の際、運転免許証などであなたが本人であるか確認をさせていただきます。ただし、あなた自身の情報ならすべてお見せできるわけではありません。
    ※ 法令の定めにより開示できない情報・人の評価、診断、判定などに関する情報など、どうしてもお見せできない情報もあります。
  • 無料で請求できますが、コピーや郵送費用については実費をいただきます。