ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 消防本部 > 共同住宅の防火体制の強化について

共同住宅の防火体制の強化について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月10日更新

共同住宅の防火体制の強化について

 平成29年5月7日に福岡県北九州市で発生した共同住宅での火災により、6名の尊い生命が失われました。



 類似の火災防止のため、共同住宅での防火管理体制の強化をお願いいたします。


  1 通路・階段などの共用部分に設置されている消火器の維持管理


  2 自動火災報知設備が設置されている場合の点検等の維持管理


  3 住宅用火災警報器の設置及び設置後の維持管理(設置後10年を経過している場合には交換をお勧めします)


  4 通路・階段など避難に支障となる物品を置かない


  5 放火防止のため、建物周囲に不要な物品を置かない