ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
蔵王かみのやま温泉クアオルト > 【クアオルト】静岡県小山町のみなさんが上山を視察

【クアオルト】静岡県小山町のみなさんが上山を視察

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月17日更新

クアオルトコースを視察
4月11日から12日にかけて、静岡県小山町職員のみなさん18人が来市し、上山型温泉クアオルト事業の視察を行いました。3月11日に上山ゆうがく塾で同町の溝口久まちづくり専門監が講演した際に、クアオルトウォーキングを体験。小山町でも地域住民と協働し、健康づくりとコミュニティづくりとして活かすことができないかということで、小山町長や副町長らと一緒に再来訪しました。

市内の認定コースである、西山と葉山コースを蔵王テラポイト(専任ガイド)の木村さんと栗原さんが案内し、気候性地形療法の歩き方や、自然や景色、仲間との会話を楽しみながら歩くことの大切さを紹介。12日には、中山地区に足を運び、住民主体で取り組んでいる「クアの道」について、コースの整備の仕方、運営方法などを吉田館長と市川事務長により説明が行われました。その後、実際にコースの一部を吉田館長が案内し、込山町長をはじめ、みんなで歩き、中山地区の歴史やコース整備で工夫したことなど、意見を交わしながら歩きました。

 小山町は、今回の視察をもとに自分のまちで、できるところから実践する予定。健康づくりの輪が全国各地に広がりを見せています。

心拍計測
クアオルト健康ウォーキングでは、自分の体力にあったスピードで歩くことができているか、心拍の計測を途中で行います。

上山城も見学
上山城を見学。石井事務局長が案内し、上山の歴史を学びました。

早朝ウォーキング
2日目は葉山早朝ウォーキングからスタート

葉山神社で体操
葉山神社で恒例の体操。朝6時50分から毎日歩いています。

クアの道中山
場所を移動し、中山地区の「クアの道」を吉田館長と市川事務長が案内。クアの道は地域のみなさんで考えた健康の道。中山は石でできた眼鏡橋や中山城跡など、歴史をたどりながら散策できるコースです。

中山クアの道
杉の木も、抱きつけばストレッチのできる木に!いたるところにアイデアが詰まったコースです。