ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
蔵王かみのやま温泉クアオルト > 【クアオルト】新たなチカラを加えクアオルト事業を推進

【クアオルト】新たなチカラを加えクアオルト事業を推進

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月6日更新

ウォーキング

4月5日、上山市の新規採用職員を対象にクアオルト健康ウォーキングを葉山コースで行いました。

市では、上山の魅力に体で感じてもらおうと研修の一環として2012年度より取り組んでいます。天候にも恵まれ、ショウジョウバカマやマンサクなど春の花もちらほら顔を出し、恋人の聖地からはまだ白く雪の残った蔵王連峰を望むことができました。職員たちは「花や木、自然に恵まれたまちであることが改めてわかった」「心地よい疲労感で、気持ちよく歩くことができた。無理なく参加できるところが良い」とクアオルト健康ウォーキングの良さを実感していました。

今年は6人の職員が採用されました。新たに加わった若いチカラを活かし、住む人訪れる人、そして地域を元気にする『日本一のクアオルト(健康保養地)』を50年100年かけて市民のみなさんと共に創っていきます。

コブシの木の香り
里山にはたくさんの種類の植物が生息しています。写真はコブシの木の香りを嗅いでいます。柑橘系の爽やかな香り。

蔵王連峰
4月でも樹氷が残っているのは珍しいそうです。