ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
蔵王かみのやま温泉クアオルト > 【クアオルトの芽vol.12】クアオルト推進月間!仲間を増やして元気なまちに

【クアオルトの芽vol.12】クアオルト推進月間!仲間を増やして元気なまちに

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月1日更新

クアオルトの芽タイトル

  市は10月を「クアオルト推進月間」に設定し、企業とのコラボイベントや、市立保育園でのクアオルト給食の提供、健康マイレージのポイントアップなど、ウォーキングへの新規参加者の拡大と事業の認知度向上を目指し、各種取組を実施しました。
 新規参加者の中には、「お友達紹介制度」を活用して参加した人もおり、クアオルト健康ウォーキングの輪がさらに広がっています。今回は、毎日ウォーキングに初めて参加した人やお友達を紹介してくれた方々に、参加したきっかけや魅力などを聞いてみました。


【新規参加者】葉山早朝ウォーキング
細谷千賀子さん 「景色と人に出会いに」

 健康的で気軽にできることを探していたところ、情報誌で「クアオルト」を知り、葉山の早朝ウォーキングに参加しました。もともと山が好きで、土、山の傾斜、緑の中といった自然豊かなところを歩くことは心の潤いにもなると感じていました。
 参加してみると、年齢や性別の違う人とおしゃべりをしながら「頑張らないで」歩けることが楽しく、四季折々の景色、発見、感動もあり、毎日でも行きたくなります。
 体だけでなく心も満たしてくれるウォーキング。人との出会いも楽しみの一つです。これからもずっと続けていきたいと思います。「上山だ~い好き!」


サントリーコラボウォーキング【お友達紹介制度を活用】
▽紹介者:浦山トシさん
「自分の都合で歩くことができ環境が整っている」

私も友人に誘われて毎日ウォーキングに参加したひとり。ジムでマシンの上を歩くよりも、季節ごとの景色や植物を楽しみながら自然の中を歩くことがとても気持ちがいいです。何気なく歩いていますが、蔵王の山々をめぐるときも息切れすることなく、体力がついている実感があります。
 毎日ウォーキングは予約なしで自分の都合に合わせて参加できることが一番の良さです。先日、清水さんを含めた仲間と蔵王の紅葉を見に行った際に、里山で無理なく気軽に散策を楽しむことができるクアオルト健康ウォーキングを紹介しました。

▽初参加者:清水秀裕さん友達から友達へと魅力を紹介
「『無理をしない』が安心して参加できる機会に」

4年前の肺の手術後、過激な運動を避けてきました。元々アウトドアが好きでしたが、登山は無理と思っていたところ、毎日ウォーキングのお誘いを受け一緒に参加しました。
 消防署と連携をとり、ガイドの案内で心拍を測りながら歩くということで、安心して参加できました。決して無理をせず参加できるところが良く、体力をつけ、今度はより体力度の高いコースに挑戦してみたいです。
 市をあげて、クアオルト事業に取り組んでいることはすごいことです。まだまだ知らない人もいますので、仲間を誘ってこれからも参加したいです。


市民における平成28年度の「クアオルト認知度」は77.2%、市は「第7次振興計画」将来指標の一つとして本数値を平成35年度に90%に上げることを目指しています。そのためには、ウォーキングの新規参加者はもちろん、クアオルト事業に関わる市民や市内事業者等を着実に増やしながら、その魅力を実感でき多方面に波及させていく工夫が必要です。市は「クアオルト推進月間」を一つのきっかけに、元気なまちづくりに向けた機運を醸成しながら、市民のみなさんと共に“また来たくなるまち  ずっと居たいまち  クアオルト上山”の実現につなげていきます。

  バックナンバーはこちら